金属探知機とは

金属探知機とはその名の通りで
簡単に説明すれば金属の有無を検知したり
探知する機器の事をいいます。



電磁誘導といったものを利用しており、
元々は地中に埋められている
地雷原を探し出すために開発されたようですが、

現在では空港や港湾の所持品チェック、
あるいは食品ラインや
衣料品のチェック等にも利用されており、

さらには趣味分野としても、
金塊の発掘作業や隕石を探し出したりと
色々な分野で活躍しているものです。



大きなものでは巨大な金属探知器から、
小さなものはハンディタイプのものまで
多種多様にあるようですが、

私達が普通に生活している上では、
なかなか使用する事の無いものでは
ないでしょうか。



しかし個人ではなかなか使わないものですが、
仕事であれば多くの企業がしようしていたりもする、
意外にごく身近にあったりするものでもあるのです。



このサイトではそのような
金属探知機についての情報や、

個人でも購入したり出来る
販売情報などについても
色々と調べていきたいと思います。


スポンサード リンク

日本の金属探知機

日本でも金属探知機が
沢山使用されており、

製造工場内や空港では
もうおなじみになっているので
皆さんもご存知かと思います。



日本では金属探知機の事を
金属探知器と表記されていたり、

あるいは金属検出器や金属検出機などと
表記されている製品もありますが、
違いについてはちょっと分かりかねます。



恐らく細かい表記の違いだけで、
性能自体はそんなに
変わり映えの無いもののように感じますが、
どうなんでしょうか。



さて日本国内でもこの金属探知機を
製作している老舗業者があり、

日本金属探知機製造株式会社という
会社が有名のようです。



昭和47年に設立されている事から、
金属探知機自体の歴史も
結構古いものであるとお分かりになると思います。



金属探知機は日本国内だけで
使用されているだけでなく、

国外へも輸出をしているようで、
日本の製品の性能が
良い事がなんとなく分かります。



日本で一番利用されている場所と言えば、
製造工程のラインで、

衣類や寝具等の留め金などの
金属を探知するもの、

あるいは食品関係で金属を探知する
生産ラインの検査工程として導入されています。



また警察や警備保障会社等が
空港などで使用している
大きなゲート型の金属探知機や、

ハンディタイプの
リング型も御馴染みとなっています。


スポンサード リンク

このサイトでは金属探知機についての情報や、
個人でも購入したり出来る金属探知機の
販売情報などについても色々と調べていきたいと思います。