金属探知機のテストピースとは

金属探知機のテストピースとは
一体なんでしょうか。



金属探知機を使用する際には
検査して実際に反応するか
どうかを確かめる必要性があるのですが、

その際に使用されるテスト用の
金属片がテストピースと呼ばれています。



本来はテストピースとは建築業界や
土木業界で使われているようですが、
この金属探知機にも使われているようですね。



金属探知機のテストピースには
金属片や金属球を使用するケースが殆どで、

小さなテストピースと大きめのテストピースの
数種類で検査が行われます。



また金属についても金属探知機で最も発見が困難であるとも
言われているステンレススチール製のテストピースを
使用するケースが多いようです。



これらは企業が使用するような
コンベア式の金属探知機に使用されるようで、

個人が使用するような
ハンディ式の金属探知機であれば、
テストピースが無くても、

自分でコインを地中などに埋め込んで
反応するかどうかを確かめればいいですね。



トレジャー式のものでは地雷検知用ですので、
ある程度地中深くの金属でも

感知が出来るようですので、
これについてもテストする必要があるでしょう。


スポンサード リンク

このサイトでは金属探知機についての情報や、
個人でも購入したり出来る金属探知機の
販売情報などについても色々と調べていきたいと思います。